税務統計から見た法人企業の実態 平成9年分 - 国税庁

税務統計から見た法人企業の実態

Add: fawywyg89 - Date: 2020-12-10 07:32:01 - Views: 4373 - Clicks: 7448

税務統計から見た民間給与の実態 平成12年分 - 国税庁民間給与実態統計調査結果報告 平成13年9月 - 国税庁長官官房企画課 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 税務統計から見た法人企業の実態 : 会社標本調査結果報告 国税庁税務課 編 国税庁総務課, 1965- 公文書版 昭和38年分 (昭38)-昭和63年分 (昭63) ; 平成元年分 (平1)-平成18年分 (平18) ; 平成18年度分 (平18)-. 税務統計から見た民間給与の実態 平成9年分 - 国税庁民間給与実態統計調査結果報告 - 国税庁長官官房企画課 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 税務統計から見た民間給与の実態 : 国税庁民間給与実態統計調査結果報告 フォーマット: 図書 責任表示: 国税庁長官官房企画課編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 大蔵省印刷局, 1964-形態: 冊 ; 26-30cm 著者名:. イ 源泉徴収義務者に関する事項 (イ) 名称又は氏名 (ロ) 所在地又は住所 (ハ) 企業の主な業務 (ニ) 給与所得者用調査票の枚数及び人員数 (ホ) 組織及び資本金 (ヘ) 給与所得者数 (ト) 年間給与支給総額 (チ) 給与支給総額に対する年間源泉徴収税額 ロ 給与所得者に関する事項 (イ) 給与所得者の氏名又は記号等、性別、年齢、勤続年数及び職務 (ロ) 年中の給与の受給月数 (ハ) 年末調整の有無 (ニ) 扶養親族の内訳 (ホ) 給与の金額 (ヘ) 所得控除額及び税額控除額の内訳 (ト) 年税額.

令和元年 平成30年 平成29年 平成28年 平成27年 平成26年 平成25年; 民間給与実態統計調査結果: 会社標本調査結果 (税務統計から見た法人企業の実態). ―税務統計から見た法人企業の実態― 国税庁会社標本調査(平成26年度分)を見てみよう! 〔質問1〕 法人企業の動向についてその概要はどのよう なものでしたか。 〔回 答〕 ⑴ 法人数 平成26年度分の法人数は261万6,485社で、前年. See full list on nta.

税務統計から見た民間給与の実態 : 国税庁民間給与実態統計調査結果報告 フォーマット: 図書 責任表示: 国税庁長官官房企画課編 出版情報: 東京 : 大蔵省印刷局, 1964-形態: 冊 ; 26-30cm ISBN: 調査結果は、初回から「国税庁統計年報書」に掲 載されてきています。また、昭和38年分の調査か らは調査結果に基づき「税務統計から見た法人企 業の実態」として、法人企業の総数、資本金、営 業収入金額等について、若干の解説を加えて公表 されてい. 民間給与実態統計調査は、昭和24年分から始まり、以後毎年実施している。 昭和29年分の調査から、統計法に基づく指定統計(第77号)となり、平成19年の統計法改正により、平成20年分の調査からは基幹統計とされている。. 税務統計から見た法人企業の実態―会社標本調査結果報告〈平成3年分〉 国税庁長官官房企画課 | 1993/5/10 単行本.

5-形態: 冊 ; 30cm 著者名: 国税庁長官官房企画課 書誌id: bnisbn:. 民間給与実態統計調査は、①インターネット(オンライン調査システム)、②光ディスク等(CD、DVD、FD、MO)、③送付された調査票のいずれかにより回答し、①についてはインターネット回線を経由し提出、②及び③については、郵送により提出する。 なお、平成29年分調査におけるオンライン調査システムを利用した回答の割合は、29. 平成23年 平成22年 平成21年 平成20年 平成19年 平成18年 平成17年; 標本調査結果 民間給与実態統計調査結果 (税務統計から見た民間給与の実態) 会社標本調査結果 (税務統計から見た法人企業の実態)申告所得税標本調査結果 (税務統計から見た. この調査の特色は、次のとおりである。 (1) 従事員1人の事業所から従事員5,000人以上の事業所まで広く調査していること。 (2) 給与階級別、性別、年齢階層別及び勤続年数別による給与所得者の分布が分かること。 (3) 企業規模別(事業所の属する企業の組織及び資本金階級別)に給与の実態が分かること。. 国税庁は、このほど平成22年度分「会社標本調査(税務統計から見た法人企業の実態)」の調査結果を公表しました。 この調査は、我が国の法人企業について、資本金.

税務統計から見た民間給与の実態 : 国税庁民間給与実態調査結果報告 (昭和38年分 - 平成4年分) 国税庁長官官房総務課編, 国税庁長官官房総務課, 1964. 令和2年9月4日 「令和2事務年度 国税庁実績評価実施計画」の公表(財務省ホームページへリンク) 令和2年9月4日: 福岡国税局で実施される国税専門官採用試験(二次試験)の重要情報: 令和2年8月31日: 国税庁70年史(平成21年7月~令和元年6月) 令和2年8月3日. 国税庁は、集められた調査票の記入内容の矛盾等について精査し、必要な補足訂正が完了したものについて集計する。補足訂正を行う際に、行政記録情報を用いることはない。 なお、補足訂正が不可能な調査票については、得られた情報全体を集計対象外としている。 その上で、回答が得られた数値(非回答及び一部非回答除く。)の集計結果に、回答率(有効回答数/母集団数)の逆数を乗じて全体の推計を行っている。. この調査は、国税庁が作成する源泉徴収義務者名簿を基に、標本として抽出された源泉徴収義務者(以下「標本事業所」という。)及び標本事業所に勤務する給与所得者(以下「標本給与所得者」という。)について行った。 標本の抽出は、標本事業所の抽出及び標本給与所得者の抽出の2段階からなっている。 (1) 第1段抽出 事業所を、事業所の従事員数等によって層別し、それぞれの抽出率で標本事業所を抽出した。 なお、第1段抽出は、国税庁長官官房企画課で行い、抽出された標本事業所には、国税局総務部企画課(沖縄国税事務所にあっては総務課。)から調査票を送付した。 (2) 第2段抽出 標本事業所の給与台帳を基にして、一定の抽出率により標本給与所得者を抽出した。ただし、標本事業所において年間給与額が2,000万円を超える者は、全数を抽出した。 なお、第2段抽出は、標本事業所が行った。 1.

税務統計から見た民間給与の実態 : 国税庁民間給与実態調査結果報告 (平成5年分 - 平成16年分) 国税庁長官官房総務課編, 国税庁長官官房総務課, 1964. 3月21日、国税庁は平成22年度分「会社標本調査~税務統計から見た法人企業の実態~」の結果を公表した。 それによると、株式会社など企業の寄附金総額の推計は6,957億円で、前年度比27,3%増。. 税務統計から見た民間給与の実態 平成7年分 - 国税庁民間給与実態統計調査結果報告 - 国税庁長官官房企画課 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 税務統計から見た法人企業の実態 平成8年分 - 会社標本調査結果報告 平成9年12月 - 国税庁長官官房企画課 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 2%である。 (参考)オンライン調査システムを利用した回答の推移. 会社標本調査 : 調査結果報告 : 税務統計から見た法人企業の実態 巻次、部編番号 (volume) 平成19年度分 著者 (creator) 国税庁長官官房企画課 出版地 (publicationPlace) 日本 出版者 (publisher) 国税庁 出版年月日(W3CDTF形式) (issued:W3CDTFフォーマット(IMT形式) (format:IMT). 昭和59年分以降の編者: 国税庁長官官房企画課. 調査票には、事業所に関する事項を記入する「事業所用の調査票」と給与所得者に関する事項を記入する「給与所得者用の調査票」の2種類があり、いずれも標本事業所が記入を行い、個々の給与所得者は、調査票の記入を行っていない。 標本事業所は、「事業所用の調査票」に、事業所の従事員数、調査対象年中に支給した給与総額、源泉徴収した所得税額等を記入し、「給与所得者用の調査票」に、給与所得者の性別、年齢、給与金額、源泉徴収税額、扶養人員、控除した生命保険料の金額等を記入することで調査票の作成を行っている。.

国税庁企画課作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。 また税務統計から見た法人企業の実態―会社標本調査結果報告〈平成9年分〉もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 平成4年分以前は別書誌 平成17年度より書名変更: 民間給与実態統計調査調査結果報告 →別書誌. 税務統計から見た法人企業の実態 : 会社標本調査結果報告 フォーマット: 図書 責任表示: 国税庁長官官房総務課編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 大蔵省印刷局,形態: 冊 ; 26cm 著者名:. 国税庁は5月11日、「平成21年度分 会社標本調査結果(税務統計から見た法人企業の実態)について」を公表しました。 会社標本調査は、内国普通法人(休業及び清算中の法人等を除く)について、4月1日から翌年3月31日までの間に終了した当該法人の各事業. 税務統計から見た民間給与の実態 平成11年分 - 国税庁民間給与実態統計調査結果報告 税務統計から見た法人企業の実態 平成9年分 - 国税庁 平成12年9月 - 国税庁長官官房企画課 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 国税庁は、ホームページに「平成28年分民間給与実態統計調査」を公表しました。 この調査は、民間企業における年間の給与の実態を、給与階級別、事業所規模別、企業規模別等に明らかにし、併せて、租税収入の見積り、租税負担の検討及び税務行政運営等の基本資料とすることを目的とする. 国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査結果」等を公表 令和元年9月27日(金)、国税庁ホームページで「平成30年分民間給与実態統計調査結果について」等が公表されました。. 税務統計から見た民間給与の実態 平成8年分 - 国税庁民間給与実態統計調査結果報告 - 国税庁長官官房企画課 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

民間給与実態統計調査は、国税庁-国税局(所)-民間事業者-標本事業所の流れにより行っている。 具体的には、国税庁において、標本となる事業所の抽出を行い、抽出された標本事業所には、各国税局(所)を経由し、国税庁長官が委託する民間事業者(以下、委託業者という。)から調査票を送付する。標本事業所において記入された調査票は、委託業者を経由して、国税庁へ提出される。 なお、委託業者は調査票の発送・収受のほか、調査票の記入内容に係る質疑応答及び調査票の督促(電話及びハガキ)等を行っている。. 4 ndlc : el19 ndlc : el135 ndlsh : 賃金 -- 統計: 注記: 昭和46年分以降の副書名:国税庁民間給与実態統計調査結果報告 昭和59年分以降の編者:国税庁長官官房企画課 平成4年分以前は別書誌. 昭和46年分以降の副書名: 国税庁民間給与実態統計調査結果報告. (1) この調査は、標本調査のため、標本事業所及び標本給与所得者から得た標本値に、それぞれの標本抽出率及び調査票の回収率の逆数を乗じて全体の給与所得者数、給与額及び源泉徴収税額を推計しているので、他の税務統計の関連数値とは一致しない。 (2) 業種の分類に当たっては、調査対象事業所の属する企業の業種により分類したのであって、事業所の業種によっていない。例えば、会社の事業が鉄道で、別に不動産業を経営している場合、標本事業所の業種が不動産業であっても、その業種区分は「不動産業,物品賃貸業」ではなく「運輸業,郵便業」としている。 (3) 標本事業所を抽出する際に、業種区分や雇用形態別(役員、正規、非正規)によらないで、事業所の従事員数等の区分によって層別している。したがって、電気・ガス・熱供給・水道業等の業種や、雇用形態別(役員、正規、非正規)でみた場合の、標本事業所数の非常に少ない箇所の計数の精度は低くなっている。 (4) 給与所得者数、給与額及び税額等の計数の処理方法は、単位未満を四捨五入したため、各表の内容と「計」又は「合計」とが符合しない場合がある。また、金額が単位未満の端数からなるため、その端数を切り捨てたときは「0」とし、該当する計数のないときは「―」と表示している。 (5) 本調査は本来全国を単位とした調査であるため、国税局別表は参考値である。 (6) 国税局別表は、源泉徴収義務者の所在地を管轄する国税局単位による集計結果であり、給与所得者の住所地では集計していない。このため、各国税局管内の給与水準を表しているとは限らない。 (7) この調査は民間の給与所得者の給与について源泉徴収義務者(事業所)の支払額に着目し集計を行ったものであり、その個人の所得全体を示したものではない。 例えば、複数の事業所から給与の支払を受けている個人が、それぞれの事業所で調査対象となる場合、複数の給与所得者として集計される。 (参考) 給与・賃金に係る類似統計の整理表(PDF/158KB). 税務統計から見た 法人企業の実態(平成11年分) 国税庁 企業と行政 (178), 18-23,. 平成28年度分 会社標本調査 -調査結果報告- 税務統計から見た法人企業の実態 平成30年3月 国税庁 長官官房 企画課 ※統計表のExcel版については、当面の間、政府統計の総合窓口(e-Stat)【www. 会社標本調査 -調査結果報告- 税務統計から見た法人企業の実態. 税務統計から見た民間給与の実態 : 国税庁民間給与実態統計調査結果報告 フォーマット: 図書 責任表示: 国税庁長官官房企画課編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 大蔵省印刷局, 1964-形態: 冊 ; 26-30cm 著者名: 国税庁長官官房企画課 書誌id: bnisbn:.

法人税額 ( 注) 平成11年2月1日から平成12年1月31日までの間に終了した事業年度についての計数であり、「 税務統計から見た法人企業の実態 ( 平成11年分)」( 国税庁) による。 資本金1億円以上: 65.2%. 税務統計から見た民間給与の実態 : 国税庁民間給与実態統計調査結果報告: Subject: 賃金--統計: Notes: 昭和46年分以降の副書名:国税庁民間給与実態統計調査結果報告 昭和59年分以降の編者:国税庁長官官房企画課 平成5年以降は別書誌 Created Date:. 標本事業所から提出された調査票は、委託業者において記入不備や記入誤り等を確認しデータ化された後、国税庁長官官房企画課において集計される。 なお、データ化にあたっては、委託業者において、OCRソフトで読み込まれる。その際、OCRソフトで読み込まれた結果については、調査票の内容と相違がないか目視により確認を行っている。. 税務統計から見た法人企業の実態 : 会社標本調査結果報告 フォーマット: 図書 責任表示: 国税庁長官官房企画課編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 大蔵省印刷局, 1994. 国税庁民間給与実態統計調査結果報告: 主題: 賃金--統計: 分類・件名: ndc8 : 366. jp】を ご覧ください。.

税務統計から見た民間給与の実態 平成10年分 - 国税庁民間給与実態統計調査結果報告 平成11年9月 - 国税庁長官官房企画課 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. この調査は、標本調査であり、調査対象法人(母集団)から資本金階級別・業種別等に一定の方法で標本法人を抽出し、その標本法人の基礎データを基に、母集団全体の計数を推計したものである。 1. (見本/令和元年分)源泉徴収義務者用(A4サイズ)(PDF/300KB) 2.

税務統計から見た法人企業の実態 平成9年分 - 国税庁

email: ypusuwit@gmail.com - phone:(758) 740-2541 x 2859

赤ちゃんから大人まで気づいて・育てる発達障害の完全ガイド<総合版> - 黒澤礼子 - たかやまなおみ くんじくんのぞう

-> アートバイブル - 町田俊之
-> 密航留学生たちの明治維新 - 犬塚孝明

税務統計から見た法人企業の実態 平成9年分 - 国税庁 - 第三次アニ研 DCG萌えキャラ工房


Sitemap 1

ジャズ体操 - 高城義信 - シェルボーンのムーブメント入門 シェルボーン ベロニカ